ベイロマンス カヤックスのオフィシャルブログ。
カヤックにまつわる様々なモノゴトをざっくばらんに綴っていきます☆
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
近況報告☆
category: お仕事 | author: brk-blog17817
0

    JUGEMテーマ:kayak カヌー

     

     

    三寒四温。

    近ごろは段々と春の訪れを感じられる様になりましたネ。

     

     

     

    春と言えば花粉。

    自分は晴れの日が続くと夜も眠れないほど花粉症の症状が出まくって困まっていますが、

    皆様はいかがお過ごしでしょうか。

     

    そして、春は出会いと別れのシーズンです。

    うちのチビちゃんも今週末に保育園を卒園して4月からは小学生になります。

     

    ホントに子供の成長は早いです。

     

    その成長を見守りながら、自分も同じ年月を過ごしているわけですが、果たして自分は成長しているのだろうか。。。

     

    単純に年老いているだけのような気がしてしまいます。。。

     

     

     

    さて、

     

    今回は、前回アップした記事のその後の更新という事で、動向を気にして頂いている方々もおられる事かと思います。

     

    その後は色々ありました。

     

    しかしながら、ここでお伝えできるような内容は無く、残念ながら記事にする事が出来ません。

    期待して見に来られた方々、誠に申し訳ありません。

     

    ではなぜ?ブログ更新??

     

    と思われるでしょう。

     

     

    それは。

     

    前回の記事をアップした以降、記事を読まれた方々から続々とメッセージが寄せられました。

     

    そのどれもが暖かいお言葉を添えた応援メッセージです。

     

     

    そのメッセージを受けて、これまでの事などを振り返りながら自分が思ったこと、感じた事、伝えたいことなども合わせて綴ってみようと思った次第です。

     

     

     

    正直、こんなに多くの方から励ましや応援を頂くなんて思ってもいませんでした。

     

     

    というのは、今までの事を振り返れば、なんだかんだと理由をあげて納期を遅らせたり、

    新艇をリリースすると言ておきながら、やっぱり無理ですと言ってみたり。

    その昔には足こぎ艇を発売するなどと大口をたたいておきながら結局開発はとん挫。などなど。。。

     

    ユーザー側や販売店サイドからすれば批判があって当たり前の、とんだ不良メーカーです。

     

    そして、

    自分自身ずーーと昔から、ことあるごとに「変わり者」という見方をされる事がしょっちゅうで、

    正に「出る杭は打たれる」的な経験も数多く経験してきました。

     

    そんな経験をしても決して自分を否定することなく、

    何をするでも嫌われて当然、他人の評価など気に留める事無く、

    頑なに突き進んできた経緯があります。

    周りの人々からすれば、はた迷惑な存在だと思います。ホントに。。。

     

    なので、今回の事業を途中で投げ出すような事も含めて批判が当然で、応援されるような理由なんて自分には無いと思っていました。

     

    でも、実際に多くの暖かい応援のお言葉を頂いたのです。

     

     

    「あのカヤックに出会えてホントに良かったです!」

     

     

    「乗るたびに新しい発見があって、毎回楽しませてもらっています!」

     

     

    「あのカヤックをいつか手に出来るように、これからも頑張ってお金貯めます!」

     

    「フィロソファー、そしてコリンアスリート。次はどんなカヤックを作るのか!?ベイの続きを楽しみにしています♪頑張ってください」

     

    「どうしてもあのカヤックが欲しいです!新艇製作が無理なようでしたら在庫、もしくは中古はありませんか?」

     

     

     

    こうやって、頂いたメッセージを並べるとまるでどこかの企業の良く出来た「消費者の声」みたいですけど、

    本当に批判的なコメントは1つもありませんでした。

     

     

    ある方は実際にカヤックに乗っている様子や、釣り上げた獲物と共に画像付きでメッセージを寄せて下さいました。

     

     

     

    そして、自分は思ったのです。

     

    今回の決断は正しかったのか?と。

     

    こうやって自分が造ったカヤックをホントに大事にしてくれて支持してくださる方々が実際にいるのに…と。

     

     

    しかし時すでに遅しです。。。

     

    事業の立て直しのために、もう次のステージに向けて動き出しています。。。

     

     

    カヤックを事業として成立させる事が出来なかったのは、本当に残念で悔いが残りますが、

     

    カヤック大好き、物作り大好き人間の自分が下した苦渋の決断です。

     

    そして、この決断がいずれ、いや、きっと皆さんの為になる!と信じています。

     

     

    応援メッセージを頂いて、ホントに、ほんとうに嬉しんです。

     

    でも現状はそれに対してすぐにお応えする事が出来ません...。

     

    何卒どうかご理解ください。

     

     

     

     

    そして、

    今回の決断の裏に、「売れないから」という理由は存在しなかったという事も付け加えておきたいと思います。

     

    これもホントに皆様のお蔭です。

    カヤックメーカーをスタートさせてから現在まで、フィロソファー156は10艇以上、コリン・アスリートは50艇弱を日本各地へと出荷致しました。

     

     

     

     

    この数字はFRP製フィッシングカヤックとして決して少ない数ではなく、コリンに関しては「売れ筋」といった表現にも当てはまる数です。

     

    そして、そのほとんどのカヤックは、お寄せいただいたメッセージにあったように現在もオーナ様に大切に使って頂いています。

     

     

    今後、カヤックメーカーとして活動しなくなったとしても、

    そんなオーナーの方々の存在は絶対に忘れてない!

     

    そして、その想いを今後にどうつなげていくのか。

     

    しっかり考えながら前に進んで行こうと改めて思いました。

     

     

    メッセージをお寄せいただいた方々、そして現在も弊社カヤックを大切に使って頂いているオーナーの皆様、

    ホントに有難うございます。こころから感謝申し上げます。

     

    引き続き暖かく見守ってくださって頂けたら幸いです。

     

    どうか今後もよろしくお願い致します。

     

     

    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    new old
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH