ベイロマンス カヤックスのオフィシャルブログ。
カヤックにまつわる様々なモノゴトをざっくばらんに綴っていきます☆
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
<< 試作艇のお話☆ | main | 試作艇のその後☆【改良艇】 >>
試作艇のその後☆
category: 試作 | author: brk-blog17817
0

    JUGEMテーマ:kayak カヌー

     

    試作艇のお話パート2!

     

    前回の記事でフィロソファー156の船底をベースに改造したカヤックのお話をしましたが、

    今回はその後のお話です。

     

    三河湾にてテスト走行を終えたあと、外洋でもテスト走行と実釣テスト(魚釣り)を行ってきました。

     

    見た目はシットオンでありながら、船底真上にどっかり座るという極限の低重心は、相変わらず抜群の安定性を

    披露しました。

    そして、フィロソファー譲りの長い全長とV字形状の船底は、あきれるほどの直進性がありました。

     

    上記の安定性に関してはまだまだ改良の余地はあるものの、今後の開発でも是非採用していきたい部分です。

     

    その他の部分に関しては「ん〜」「どうしましょう。。。」

     

    直進性に関して。

    今回のカヤックの全長はフィロソファーと同じ4.76mなのですが、幅はフィロソファーより8cm小さくして68cm。

    フィロより細身な船体となり、これによっても直進性が向上してます。

    そこにV字形状の船底が合体したことで、とてつもなくまっすぐ進むのです。

     

    これは、フラットな水面の三河湾で初テストした時にはあまり気にならなかったのですが、

    ラフな水面の外洋で乗った時にはプラスのイメージではなく、マイナスのイメージに変わってしまいました。

    説明するのも難しいですが、カヤックの挙動が違うのです。

     

    船底全体が水中にしっかり入っている時はまぁまぁ良い感じなのですが、

    波高は無くともちょっとしたウネリや波に乗った時にちょっとでも進路が変わると、その方向に向かって一直線!

    進路修正がなかなか大変でした(汗)

     

    その後、テスターの丸尾氏にも試乗をお願いし、釣りを始めると更にこのカヤックの副作用が発覚しました。

     

     

     

    「ヒット!」

    そういって獲物と格闘する丸尾氏。

     

    しばらくやり取りして無事にネットイン!

    その後も数匹たて続けにヒットさせていました。

     

    「どうですか?」

    そう問いかけると予想外の回答。

    「コリンだったらもっと取り込みが楽ですね・・・」

    え?????

    「船が全然動いてくれないんですよ・・・」

    どういううこと????????

    「魚の動きに対してある程度カヤックも追従する方が釣りやすいと思いますよ」

     

    ははぁ。。。(汗)

     

    これは自分ではまず気付かない、釣り師である丸尾氏ならではの貴重な意見でした。

     

    こういうのがホントに大事です。

     

    その他の詳細は省略しますが、色々と検証した結果、ガチで使えるカヤックとしてはまだまだ未完といった感じでした。

     

    更に別の日にはツアーガイドも務めるプロカヤッカーの方にも試乗をお願いして検証して頂きました。

    その結果、やはり同じ感想でした。

     

    さて・・・どうするか。

     

    そもそもフィロソファー船底ベースでの改造なので、いじれる幅(改良)が限られます。

    そこにきて船底形状に難ありという状況・・・

    恐らく、一から製作した方が理想に近いカタチにできるのは間違いない。

    しかし、コリンのバックオーダーを抱えている状況で新作を造っている時間的余裕はない。。。

    やはり改造か・・・

     

    そして、生産の合間を縫って数日間更に改良を施しました。

     

    まずはフットブレス周辺の窮屈感を改善〜

     

     

     

    以前より外側に3cmずつ広くしました。

     

    そしていよいよ船底形状にメスを入れます。

     

     

     

     

    左右のバランスをみながらパテを盛っては削り、盛っては削り。。。

     

     

    されど、左右のバランスだけでなく、前後(長さ方向)のバランスがなかなか上手くいかない。。。

     

    そして更にパテ、パテ、パテ。。。

     

     

    こんな感じかなぁ〜と落ち着いた頃、ふとカヤックのトータル重量が気になってカヤックを持ち上げてみると・・・

     

    ・・・持てない。

     

    大きく形状変更したバウ(船首)が異様に重くなってしまいバランスが取れず持ち上げる事すらままならなず、もう浮かべれる状況ではなくなってしまった。

     

     

    さてさて、いよいよどうするか・・・

     

     

    やるか。

     

    いちから造り直し。

     

     

     

    と、言うわけで、ようやく観念して新規製作に取り掛かりました(汗)

     

     

    改造艇の「改良」艇。

     

     

    薄々こうなる予感はしていましたが。。。

     

     

    改良艇の全長はサイドのアウトラインを見直して改造艇よりマイナス10cm、幅は68cmでオーバーすぎる安定性があったのでマイナス2cmの66cmとしました。

     

    そしてやりだすと止まらない「造りたい発作」が再び始まってまたまた睡眠不足の日々。。。

     

     

    それから格闘する事、約2週間。

     

    予定通りであれば10月29日はシーカヤックマラソン当日、改良艇で出場!

     

    しかし。

    肝心のマラソン大会が台風22号の接近に伴って中止となりました。。。(泣)

     

    相手は台風。

    こればっかりは致し方ないです。

     

    とりあえず寝不足続きの体調不良を戻しながら、ぼちぼち造り込む事としました☆

     

     

     

    今回はこれにて!

     

     

    ではまた次回!とりあえずテスト走行完了〜の模様をお伝えします〜☆

     

    comments(0) | - | PAGE TOP↑






    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH